fc2ブログ

今シーズン初アシスト! 4.9.16  

令和4年(壬寅)9月16日(平成34年、神武天皇即位紀元(皇紀)2682年、長月、己酉つちのととり
 (曜-金、九星-四緑、干支-みずのえさる、旧暦8月21日、六曜-仏滅、十二直-とづ、二十八宿-鬼
     *年中行事と節気-一粒万倍日
     *9月の靖國神社御祭神ゆかりの主な出来事(本日)ーなし
            (靖國暦・高幡御家寶暦より)
**************
 昨年同日の記事・・そうか、9月15日だったんだな~~右膝蓋骨骨折😂
 そして1年後の今、骨は順調にくっついてくれたようで、バラバラのなった我が右膝蓋骨を支えてくれた愛しきワイヤー1本・・3本に分かれてしまったけれどね😅・・とピン5本とサヨナラする手術をやる予定で、入院手術の日程も決まり、術前検査も終ってさあ来週!というところのなってあることに気づき、主治医に申し入れをして中止、延期となった。それは、現在の決まりでは「P〇〇検査」をしなければならないことで、もし「陽性」ならば、入院手術は延期、そして本人は在宅隔離ってこと。ワタクシメのふたつの勤務先は、どちらもひとりでやっているから、今回のような事前にわかるお休みは担当日を替えることで、大きな迷惑はかけないで済むけれど、突然の変更は大きなダメージになり混乱させる。もちろん家族にも「濃厚接触者」とかいうアホな考えで。ちなみに隣の世田谷区は、この4月から「濃厚接触者」という考えを採用しないと聞いた。この区長、〇産党なので嫌いなのだが、この件は「グ、ジョブ!」だな。
 というわけで、「〇C〇検査」をしなくてもいいようになるまで延期!・・もしかしたらこのまま・・🔥かな~それでもいいけど😅

 さあ、アンチの皆さ~~ん、出番ですよ~~先発じゃなかったかし、シュート2本外しているし😆
 ほっとこ!・・寄席はほっとかないでね😅
 
久保建英が途中出場から“股抜き”決勝アシスト!! ソシエダがEL開幕2連勝で単独首位に
    ゲキサカ 9/16(金) 3:41配信

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は15日、グループリーグ第2節を各地で行い、MF久保建英所属のソシエダ(スペイン)がオモニア・ニコシア(ギリシャ)を2-1で破った。公式戦3試合ぶりのベンチスタートとなった久保は後半16分から途中出場し、同35分に”股抜き”パスから決勝点をアシスト。ゴールに絡む活躍でEL開幕2連勝に大きく貢献した。
    (記事冒頭)


 記事では「ギリシャ」となっていますが、実際はトルコの南、イスラエルやシリア、レバノンと言った国々の西、地中海にあるキプロス共和国で、12チームが参加している「キプロス・ファーストディビジョン」のチームで、確かにこの国の公用語ははギリシア語とトルコ語のようだけど、ギリシャとはあまり関係ないような・・ま、いいか。
 動画を観たけれど、ホントに難易度の高いパスだった。コンマ何秒でも遅れていたらオフサイドだったし、193cmもあるノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロートの長い足も計算してのパスだったんかい!とつっこみ(笑)たくなるほどの精度で、しかも相手DFの“股抜き”。さらにさらに、初得点と同じ「利き足」ではない右足でのパスでこの精度!!
 しかもねこの日、レアル・ソシエダは連敗を食い止めたい次のリーグ戦に向けて、ダビド・シルバ選手を始め主力何人かを休ませることに成功したことも大きいよね。
 やっぱりこの選手は・・ワクワクさせてくれるね~~久保健英!!

*追記-もちろん以前から「キプロス」という国の名前は知っていたさ。でも、「地中海にある小っちゃい島国だよな」くらいの認識しかなかったから、上に書いたことは今しらべたもの。世界を知る良い勉強になるな~~サッカー観戦は😆

 
スポンサーサイト



テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)